座間版 掲載号:2013年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

「ざま災害ボランティアネットワーク」の代表を務める 濱田 政宏さん 入谷在住 68歳

既成概念にとらわれず

 ○…「生き残らなければ何も始まらない」をキーワードに、1月23日の午前11時、「座間市いっせい防災行動訓練」を座間市と主催する。同時刻に巨大地震が発生したと想定し、市民全員が身を守る行動を取る訓練。備蓄食料の確保、自主防災組織の編成、避難所の整備などの対策が各地で進められているが、「全ての備えは、生き残ってこそ」と何度も強調する。9月から参加受付を開始し、今では当初の目標を大きく上回る2万2千人が登録しており、市民の防災に対する関心の高さを感じている。

 ○…市内外で、災害対策の啓発に奔走する日々を送る。自身が暮らす座間ハイツで防災に取り組んだことが活動の原点。現在は同ネットワーク、NPO神奈川災害ボランティアネットワーク、災害救援ボランティア推進委員会などに所属している。現実的な思考の持ち主で、知識よりも、体験に主眼を置いた訓練を行う。「泥くさく、リアルに」がキーワードだ。

 ○…「本当にこれで良いのか?」「もっといい方法があるのでは」―。既成概念にとらわれず、柔軟な発想でイベントを企画する。同訓練や、コーヒーを飲みながら防災への理解を深める「ぼうさい・カフェ」もその一つ。40年近く勤めていた製菓会社でも印象的なエピソードがある。百貨店で催事を企画し、売上記録を更新した時のこと。1本単位の販売が「業界セオリー」だったロールケーキを、小分けにして購入できるようにした。手間と時間はかかるが、「消費者が一番うれしい手法」だとして周囲を説得したという。慣例やセオリーに埋もれてしまいがちな本質を見抜き、アイデアを生み出してきた。

 ○…よき理解者の妻と暮らす。息子がおり、3人の孫の話題になるとつい頬がゆるむ。趣味は50代後半から始めた陶芸。自由な時間が少ない今は、創作は年2回ほど。また、福祉事業所などにも出向き、陶芸の指導をしている。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

関 伴治さん

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した

関 伴治さん

5月18日号

青木 賢太さん

「わんぱく相撲座間場所」を主催する座間JCの青少年健全育成委員長を務める

青木 賢太さん

5月4日号

谷口 晃生さん

25周年を迎える「イオンシネマ海老名」で総支配人を務める

谷口 晃生さん

4月27日号

加藤 拓也さん

イオンモール座間のゼネラルマネージャーを務める

加藤 拓也さん

4月20日号

鈴木 恵子さん

4月1日付けで座間市商工会の事務局長に就任した

鈴木 恵子さん

4月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク