座間版 掲載号:2013年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

座間市老人クラブ連合会 福祉推進し、半世紀 23日(土)に記念大会

社会

記念大会で講演する植松さん(右)とウーロン亭ちゃ太郎さん
記念大会で講演する植松さん(右)とウーロン亭ちゃ太郎さん

 市民2057人が加盟する座間市老人クラブ連合会(ソレイユざま/曽根齊会長)が創立から半世紀を迎えた。2月23日(土)にハーモニーホール座間の大ホールで創立50周年記念大会を開催する。

 記念大会は、連合会が市や市社会福祉協議会など12団体の後援を受けて主催する。50年の節目にあたり、会員同士の交流や高齢者福祉の向上を図る。

 当日は午後1時から2時まで式典が催され、連合会に貢献してきた企業や市民が表彰される。2時15分からは記念講演として、植松紀子さんとウーロン亭ちゃ太郎さんが登壇する。植松さんは、シニア向け月刊誌「百歳万歳」を発行する(株)百歳万歳社の代表取締役兼編集長。「元気に楽しく百歳万歳!の人生を」と題して講演する。

 ウーロン亭ちゃ太郎さんはオペラ落語の創作者として知られ、2005年に引退してからは台本作者や講師として活躍。現在は「ちゃ太郎オペラ・カンパニー」の座長を務める。「オペラで脳いきいき♪歌って元気!」と題し、持論を展開する。

 定員は1300人で入場無料。老人会に入っていない人でも参加できる。

市老連の歩み

 連合会は1963年に設立された組織で、市内31の老人クラブで構成される。健康の増進、活動の推進を掲げており、毎年700人ほどが参加する体育祭、文化教養を高めるための寿大学などを主催している。

 曽根会長は50周年について「歴代会長や会員の方々、行政をはじめとする地域団体のご理解とご協力のたまものです」と感謝の気持ちを話す。また、今後はより若い力が必要であるとして、「広く市民の方に、記念大会を通じて連合会と老人クラブへの理解を深めて欲しい」と来場を呼びかけていた。

 大会や活動に関する問い合わせは連合会事務局(市社会福祉協議会内)【電話】046・266・2001。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク