座間版 掲載号:2013年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

春告げる黄色の便り 高島さん宅で福寿草が開花

「年々少しずつ成長して、大きくなるんです」と高島さん
「年々少しずつ成長して、大きくなるんです」と高島さん

 相武台の高島弘さん宅の庭で、福寿草が小さな花を咲かせた。庭の一角には11本の福寿草が顔を覗かせ、春の訪れを告げていた。

 高島さんが福寿草を育て始めたのは今から約15年前。店頭で見かけた小ぶりで愛らしい花が一目で気に入り、購入して栽培を始めたという。

 福寿草はキンポウゲ科の植物で、旧暦の正月頃に花を咲かせることから「元日草」や「朔日(ついたち)草」と呼ばれる。日光や気温に非常に敏感で、わずか数分間日陰に入るだけでも花がしぼむこともあるという。3月下旬頃になると枯れ始めるが、翌年の春になると残った根から芽が出て再び花を咲かせる多年草。

 今年は例年に比べ、数日早い立春の日に開花。花の数も多いという。高島さんは「積雪があっても、雪の下から忘れずにひょっこりと顔を出す。そんなところが健気で愛らしい。写真に収めながら毎年成長を楽しみにしています」と顔をほころばせていた。 
 

冬の日光を受けようと大きく開いた(2月11日撮影)
冬の日光を受けようと大きく開いた(2月11日撮影)

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク