座間版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

県旺玄展で奨励賞 樺島貞さんの「予感」

文化

「人をひきつける」と評された作品
「人をひきつける」と評された作品

 2月10日から15日まで横浜市で開かれた美術の公募展「第52回神奈川旺玄(おうげん)展」で、市内座間在住の樺島貞(てい)さん(69歳)の作品「予感」が、大賞に次ぐ会員奨励賞を受賞した。

 同展は、樺島さんが所属する美術団体「一般社団法人旺玄会神奈川支部」の主催。支部員だけでなく一般市民も出品できる。今年は油彩画・水彩画・日本画・版画の部門で、支部員122点、一般63点の応募があった。会員奨励賞に選ばれるのは2作品のみ。

 「予感」は、3人の女性を描いた油彩画。それぞれが、未来に思いを巡らせている表情を表現している。「人を惹きつける力を持つ作品」と審査員から高く評価された。

 樺島さんは仕事を辞めた60歳から本格的に絵画制作に取り組んできた。45回目の同展で大賞の神奈川旺玄賞を受賞すると、翌年は会員奨励賞に輝いた。

 受賞後も技術を磨き、あらゆるものを創作の対象にして試行錯誤を繰り返してきたという。「予感」は「求めていた画風に一歩近づけた」と語る作品。それだけに今回の受賞を「自分の取り組んできたことが間違っていなかったと確信できました。うれしいです」と喜んでいる。
 

受賞を喜ぶ樺島さん
受賞を喜ぶ樺島さん

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク