座間版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

座間市 病院事業者を公募 7月下旬に決定へ

 座間市が、返還が予定されているキャンプ座間跡地への病院誘致に向けて、4月11日から事業者の公募を始めた。審査と選考を経て、7月下旬には事業者を決定したい考え。開院の目標は2016年の春。

 病院を誘致する場所は、キャンプ座間の返還予定地およそ1・5ヘクタール。国有地の貸付制度で国から借り受けた土地を、事業者に転賃する計画。

 公募要領によると、座間市は条件として、重症患者に対応できる2次救急診療機能を持ち、救急病院の告示を受けることを挙げている。また、内科・外科・小児科・眼科・耳鼻咽喉科など総合的な機能を備えていることも条件の一つ。

 総病床数は240床を予定している。これは、3月に発表された「第6次神奈川県保健医療計画」で示された、座間市を含む県央2次保健医療圏の病床不足数242に基づくもの。

 支援措置として、用地の年間賃料の支払いを契約から10年間免除することなどが盛り込まれている。

 応募書類の締め切りは6月28日(金)。7月上旬からプレゼンテーションやヒアリングを実施する。選考委員会による審査を経て、7月下旬には事業者を決定する予定。

 事業者が決まれば、病床配分の確定、開発許可、着工を経て、2016年春の開院を見込んでいる。

誘致の背景

 誘致は、市内における救急病院の減少と、市民の市外への救急搬送率が約74%に上っている現状を受け、進められている。病院までの平均到着時間も40・7分と、大和市や綾瀬市と比べると5分ほど長いという。

 誘致においては、医療計画のなかで県央2次保健医療圏の病床数が過剰となっており、新病院を建てることができなかった。しかし3月に計画が改定され、過剰から不足に変更されたことで、誘致できる環境が整った。

 問い合わせは市役所健康部医療課【電話】046・252・7295へ。
 

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク