座間版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

座間市緑化祭り実行委員会の委員長を務める 矢澤千旦(ちあき)さん 入谷在住 80歳

植物に魅せられて

 ○…「座間市緑化祭り」は市民に緑の尊さを伝えようと、30年以上にわたり続けられている。地域の都市化が進み、緑の減少が叫ばれている現代。「座間には谷戸山公園や芹沢公園など多くの植物が残されています」としながらも、「もっと緑を増やす努力をしていく必要がある」と、強い使命感を胸に抱いている。祭りは、啓発のための貴重な機会だ。「農業や商店会関連など多くの団体が出店します。たくさんの人に来場して欲しい」と話す。

 ○…長野県の出身。小さい頃から山や川が遊び場だった。自然豊かな土地で育まれた感性と、緑を想う心は今も変わっていない。会長を務める「野草 趣味の会」では、神奈川県外にも足を運び植物を愛でる。特に好きだという野草については「神様が作ったもの」と表現。その不思議な造形、色、性質…。絶妙なバランスで出来ている花々に惹きつけられ、ずっと「追い掛け回している」。お気に入りの場所は、近所の田んぼ。「この時季になると、草に囲まれながら大凧を見たりしますよ」とうれしそう。

 ○…座間で創業55年の「矢澤商店」の創業者。同店の名物商品で、市推奨品にも認定されている「大凧煎餅」の生みの親でもある。根っからの職人気質で、「自分で作ったものを、自分で売る」というこだわりで、店を経営してきた。家業は15年ほど前に息子さんが継ぎ、現在は奥さんと2人で暮らす。

 ○…高山植物を見ることができる登山も趣味の一つ。槍ヶ岳や白馬など多くの山を踏破してきた。特に富士登山は、35年ほど前から欠かさず登り続けるほど。自宅の壁には、登頂に成功した70歳以上の人に贈られる扇子がずらりと並ぶ。そのパワーと健康の秘訣を尋ねると、尊敬する植物学者・牧野富太郎氏の言葉を挙げ、「自然と接することです」と一言。「これからの目標は、100歳で富士山に登ることです」と満面の笑顔で語った。
 

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク