座間版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

高齢者の芸術作品集う 福祉施設の展示会に380人

モザイク画を見つめる来場者
モザイク画を見つめる来場者

 市内で5つの介護施設を営む(有)ふれんどりぃ(筒井すみ子代表)が、利用者の作品を集めた展示会を、6月19日から3日間、ハーモニーホール座間ギャラリーで開催した。

 会場には利用者の作品に加え、その家族や職員の作品も集まった。

 中でも、色づけされた卵の殻を1枚1枚貼りあわせたというひまわりのモザイク画の前では、来場者が足を止め、じっと見入る姿が見られた。この作品は、介護度の高い人や認知症高齢者が多く通う小規模多機能型施設「ふれんどりぃの郷」の利用者らが約2カ月間かけて作成したという。

 筒井代表は「これまでにも施設内に作品を飾ったことはありましたが、ギャラリースペースでの展示は初めて。個々の作品の良さがより際立ちました。利用者さんも喜んでくれて、開催した甲斐がありました」と話した。展示には、3日間でのべ377人が訪れたという。
 

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク