座間版 掲載号:2013年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

水仙あふれる公園へ 花ボラ会が花壇づくり

社会

東側の斜面に球根を植えた
東側の斜面に球根を植えた

 花植えを通じて地域発展を目指す「花を咲かそうボランティアの会」(=花ボラ会/野島誠一郎会長)が9月12日と25日、かにが沢公園を水仙あふれる場所にしようと球根を植えた。

 花ボラ会は市民団体15グループ、およそ40人で構成される。2010年から相模川沿いの広場で、ラッパ水仙と日本水仙を育てている。かにが沢公園での花壇作りは、今年から3年計画で取り組むもの。園内東側の斜面およそ600平方メートルに、日本水仙の球根を2万個ほど植えるという。

 12日は、構成グループのうち「NPO法人座間市障害者団体連合会いぶき」(福澤百合子所長)と「ZAMAノルディック・ウォーキング同好会」(高垣雄二代表)のメンバーが参加し、球根を等間隔に植えていった。開花見込みは来年1月から2月。野島会長は「かにが沢公園と言えば春の桜が人気ですが、水仙で冬に彩りを加えられれば」と期待していた。問い合わせは野島会長【携帯電話】090・2304・1186(昼間のみ)。
 

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク