座間版 掲載号:2013年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

ひばりが丘2丁目自治会 さんまで親睦 300匹を振る舞う

社会

さんまを炭火焼きする会員
さんまを炭火焼きする会員

 秋の味覚さんまを炭火焼きで味わってもらおうと、ひばりが丘2丁目自治会(伊藤政裕会長)が10月12日、自治会員に無料で振る舞った。会場の公園に行列ができるほどの盛況ぶりで、用意した300匹が全て無くなった。

 約20年前に始まった催し。中断していた時期もあったが、住民からのあつい要望があり、10年ほど前に再開した。今は子ども会や老人会、地区社協と共催している。企画は同自治会の青少年健全育成会と自主防災会で、伊藤会長は「会員同士が交流するきっかけ作り。顔見知りが増えれば、防犯や防災にも役立つはず」と企画の意図を話す。

 この日は、自治会の役員などが調理を担当。焦げ目が付きにくいようにと、網をお酢で洗ったりと工夫を凝らしていた。また、炊き出しごはんや味噌汁も振る舞われた。

 炭火焼のさんまを初めて食べたという山本周平君(9歳)は「少し苦かったけど、身が美味しいです」とうれしそうに話した。
 

座間版のローカルニュース最新6件

平成最後の神輿渡御

7/31宵宮祭8/1例大祭

平成最後の神輿渡御

7月27日号

10万本のおもてなし

タオルを被災地へ

症例もとに意見交換

座間総合病院×消防本部

症例もとに意見交換

7月27日号

結成30年の歌声を

伝統と活気を未来へ

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク