座間版 掲載号:2013年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

座間市消防署 2人の女性消防士が誕生 松本郁美さんと萩原ひかるさん

社会

それぞれの現場で奮闘する松本さん(左)と萩原さん
それぞれの現場で奮闘する松本さん(左)と萩原さん

 座間市消防署(林正純消防長)に2人の女性消防士が誕生した。松本郁美さん(座間市/23歳)と萩原ひかるさん(厚木市/22歳)で、5カ月の教育期間を経て10月から現場入りしている。同署の女性消防士は、昨年配属の平山景子さんに続いて3人となった。

 同署によると、女性消防士は全国的に増加傾向にあるという。救命や消防活動において、活躍が期待されている。

 2人は今年4月に同署に配属された。厚木の消防学校で学び、10月から現場に出るようになった。松本さんは消防隊員として北分署の第一消防救急係に、萩原さんは本署の消防管理課庶務係に、それぞれ所属している。

「格好良い隊員に」

 就職活動をしていた大学時代に、消防士を志した松本さん。「格好良い消防士になった自分を想い描いていました」と話す。

 現在は消防隊員の一員として各種訓練や、地理や消火栓の調査に携わり、火災発生時には出動する。10月上旬には初めて火災出動した。「緊迫した雰囲気のなか、自分に何ができるか考えて、体を動かしていました」と初出動を振り返る。

 目指すは「格好良い消防士」。「先輩が安心して仕事を任せられるよう、率先して動いていきたい」と意気込む。

「明るく優しく」

 消防管理課庶務係に所属する萩原さんは、文書整理や経理、救急などの事務に携わる。さらに、市内事業所に足を運び、救急法を指導している。

 松本さんと同じく、消防の仕事を意識したのは大学生の頃。体育教師と救命士のどちらを選ぶか迷った時期があったが、消防署で仕事ぶりを実際に見て「人の命を救いたい」と今の道を選んだ。

 救急救命士の資格を持っており、将来的に救急隊員になりたいと考えている。「明るく優しい消防士になりたい。そして、女性ならではの活動ができれば」と抱負を語った。
 

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク