座間版 掲載号:2013年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

鈴鹿明神社しめ縄奉納同志会の会長を務める 野口 利夫さん 入谷在住 81歳

先人の想い、後世につなぐ

 ○…辿ることができるだけでも350年―。先祖代々、座間の地に暮らしてきた。自身も同じように、生家を守って81年になる。鈴鹿明神社しめ縄奉納同志会の会長に就任したのは、今から2年前。会員自ら稲を育て、その藁を1日がかりで長さ6メートルのしめ縄に仕立てている。「五穀豊穣を願って奉納するしめ縄。やっぱり、手間はかかっても昔ながらのやり方で気持ちを込めたい」

 ○…思い返せば、住まいのある座間駅周辺も随分と様子が変わった。「当時は皆原地区には66軒しか家がなくて。駅名も『座間遊園駅』だった。一面、ほとんど畑だったよ」。幼少期はかくれんぼやコマまわしに夢中になった。それだけに、今の子どもたちの「遊び」を見ると、時代の流れを感じずにはいられない。「時とともに変わっていくのは当然で、悪いことではないと思う。ついていくのは大変だけれど」。そんな中でも、後世に伝えて生きたい伝統もある。しめ縄には、そんな希望も込めている。

 ○…現在は妻と2人暮らし。庭には、合鴨の「ガー子ちゃん」が住まう。「以前、合鴨農法をやっている知人から譲り受けて」。始めは鴨鍋にでもしようかと思っていたが、孫の「かわいそう」の一言でペットに昇格。今ではわが物顔で庭を行き来している。「すっかり情がわいちゃって。食べなくてよかったなと思う。でも、本当に良かったと思っているのはガー子本人かもね」と相好を崩す。

 ○…時代が流れ、地産の藁で作った手製のしめ縄を飾る寺社もかなり減ってきた。「時には、会長として人をまとめることが大変なこともあるけれど、仲間で協力して作り上げていくのはとても楽しい」。今年はより背の高い稲も植え、いつもより大きな「玉かざり」ができそうだ、と今からわくわくしている。刈った稲は、12月にしめ縄として編まれ、奉納される。長年行われてきた伝統を、また今年も継承する。
 

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク