座間版 掲載号:2013年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

さがみ野やすらぎ街づくり委員会 農大生と初のコラボ アイデア盛り込んだ花壇、完成

社会

地域住民が集まって花を植えた
地域住民が集まって花を植えた

 花による街づくりを進める「さがみ野やすらぎ街づくり委員会」(関吉実冶会長)が11月23日、恒例の花植えイベント「さがみ野的勤労感謝の日」を開催した。今年は、東京農業大学農学部(厚木市)の学生とコラボレーション。学生のアイデアを盛り込んだ、「無理なく楽しく続けられる花壇」が誕生した。

 「自分たちの街は自分たちで」を合言葉に、地域美化に取り組む同委員会。さがみ野的勤労感謝の日は、市道13号線や14号線沿いの花壇を舞台に、植栽を通じて郷土心を育もうと、約10年前から続いている。近年は東中学校や南中学校の生徒も参加するようになっている。

 コラボレーションしたのは、農学研究科・人間植物関係学研究室の学生たち。研究室は、人と植物の関わりを研究するため、市民ボランティアによる植栽活動などに参画している。座間市の団体との作業は初だという。

 学生らが手がけた花壇は、東原コミュニティセンターの近く。「無理なく楽しく続けられる」をコンセプトに作られた。研究室の御手洗洋蔵さんは「ボランティアが日常的に手入れを続けることは大変。少しでも作業負担を減らしながら、きれいな花壇を保つことが大切」と、その意図を話す。特に花植えが大変だとして、3〜4年植え替えせずに済むというチェリーセイジやヒューケラなどの宿根草(しゅっこんそう)を植えた。花壇の周りには、雑草が生えるのを防ぐチップを撒くなど工夫を凝らした。

 この日は、約150人が参加。座間市の団体のほか、海老名市の東柏ケ谷三丁目長寿会などの協力も得て、花が植えられた。「さがみ野の街づくりに少しでも役に立てて嬉しい」と御手洗さん。関吉会長は「新しい風を入れたくて学生の力を借りました。専門家の知識と若者の感性による新しい花壇ができました」と喜んでいた。
 

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク