座間版 掲載号:2013年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

そばで子どもに笑顔 組合が成光学園を訪問

社会

一心不乱にそばをすする生徒たち
一心不乱にそばをすする生徒たち

 座間市内のそば屋20店が加盟する「座間市蕎麦商組合」(瀬川清光組合長)が11月20日、緑ケ丘の児童養護施設「成光学園」(矢部雅文園長)を訪れ、一足早い年越しそばを子どもたちに振る舞った。

 年越しそばの風習を子どもに体験してもらおうと、毎年行われている取り組み。今年で29回目。この日は約20人の組合員が作業にあたった。メニューは、ざるやてんぷらなど5種類。用意した約300人前を子どもたちは完食した。また、遠藤三紀夫市長も見学に訪れた。

 ざるそばを5杯食べた小学生の男の子は「美味しかった。お腹いっぱいです」と喜んでいた。瀬川組合長は、「美味しそうに食べている姿をみるとうれしい」と笑顔で話した。
 

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク