座間版 掲載号:2014年1月17日号
  • googleplus
  • LINE

市視聴覚教育研究協議会 16㎜映画の魅力、後世へ 普及に尽力し46年

図書館から借りた16㎜映写機を囲む織原会長(右)、宮地怜子さん(中央)、佐藤雅彦さん
図書館から借りた16㎜映写機を囲む織原会長(右)、宮地怜子さん(中央)、佐藤雅彦さん

 昔懐かしい16㎜フィルム映画を通じ、視聴覚教育の普及と発展に取り組むグループがある。1967年に創立された、「座間市視聴覚教育研究協議会」(織原徳雄会長)だ。市内公共施設や福祉施設で上映会を開催し、その普及に努めている。

 1月11日、東地区文化センター主催で「ひがし映画会」が開催された。上映を行うのは同協議会。使用する映写機は、市立図書館から貸し出されたもの。同じく図書館から借りたフィルム「しろいぞう」をはじめ3本を上映した。来場者は、床に敷かれたゴザに座りながら、映画を楽しんでいた。

 16㎜フィルムは、小型映画向けフォーマットとして1920年代に発売。使用するには認定証を取得する必要がある。社会教育に多く活用され、座間でも1960年代後半から1970年代にかけて納涼映画会が開かれていた。当時の子どもたちにとって馴染み深い機械だ。しかし、次第に市場規模が縮小し、教育現場で利用されることは少なくなった。今では、映写機も製造されていない。

 同協議会は最盛期には150人ほどが在籍していた。今の会員数は26人だが、文科省の「視聴覚教育功労者表彰」を受けた織原会長を中心に活動。図書館や東文センターなどの公共施設、栗原ホームやベルホームなどの介護施設で上映会を開いている。2010年からは図書館主催の「こどもシアター」で紙芝居も取り入れている。

 「映画を見て昔を思い出し、涙ぐむ高齢者の人もいます。子どもも『面白かったよ』と言ってくれます」と活動に手ごたえを感じている織原会長。「ゲームで遊ぶ子どもが多い時代ですが、時には16㎜フィルムの映画も見て欲しい」と呼びかけている。

 同協議会は、市立図書館で2月23日(日)午前10時30分から行われる「こどもシアター」に登場予定。活動の問い合わせは織原会長【電話】046・253・8708。
 

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク