座間版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

気迫と技の応酬に歓声 座間署で武道初式

スポーツ

迫力の試合を展開する選手たち
迫力の試合を展開する選手たち
 座間警察署(陶山(すやま)和美署長)で1月16日、新春恒例の「武道初(ぶどうはじめ)式」が執り行われ、署員が日ごろの鍛錬の成果を思う存分発揮した。

 治安維持や心身鍛錬のために、柔道や剣道に取り組む署員が、その成果を発表する武道初式。この日は、遠藤三紀夫市長や沖本浩二市議会議長をはじめ、関連団体の長など多くの来賓が訪れた。

 柔道と剣道ともに、勝利した選手が連戦していく「高点形式」で試合が進行。勝ち星を重ねる選手の気迫と技量に、会場からは大きな拍手と歓声が上がっていた。柔道では原口信幸巡査部長が、剣道では佐藤航太巡査がそれぞれ優勝を果たした。

 5人掛けでは、県警の特別訓練員を務める吉田惟人さん(柔道4段)と平山航大さん(剣道5段)に署員10人が挑戦。善戦に会場が大いに沸いた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク