座間版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

かながわ駅伝座間市チーム 若い力で5位目指す 結団式で、過去最高記録誓う

スポーツ

赤羽監督(後列右)と松吉主将(後列右から2番目)が「目標は5位」と力強く語った
赤羽監督(後列右)と松吉主将(後列右から2番目)が「目標は5位」と力強く語った
 2月9日(日)の「第68回市町村対抗かながわ駅伝競走大会」に向け、座間市チームの結団式が1月27日に市役所で行われた。昨年は若手中心の編成で、過去最高の8位に輝いた座間市。更なる躍進が期待される今大会は、5位が目標だ。

 毎年恒例の同大会。それぞれの市町村を代表するランナーが、秦野市中央運動公園から県立相模湖公園(相模原市緑区)まで、7区間51・5Kmを力走する。出場選手の編成は一般(高校生以上)5人、女子1人、中学校男子1人。

 結団式には、赤羽孝秀監督、松吉洸紀主将を始めとする選手らが集結し、関係者から激励を受けた。座間市体育協会の浜野修司会長は「皆さんは座間市民13万人の代表です。市民の願いをたすきに込めて下さい。実力を充分に発揮し、8位超えを達成して欲しい」と呼びかけた。エールをもらった赤羽監督は「昨年は2時間46分3秒で8位だった。今年は2時間45分を記録し、5位を目指したい」とコメント。松吉主将は「メンバーは変わりましたが、意識は1つ。目標は5位です」と堂々と抱負を語った。

総合力で勝負

 赤羽監督によると、座間市は今年も若手主体の編成。大学生6人、高校生2人、中学生3人が登録されている。メンバーは1月中旬から土・日に集まり、トレーニングを積んできた。昨年の大会で活躍した三田眞司さんは欠場となるが、チームの総合力で5位を目指す。大会は9日午前9時からスタート。登録選手は以下の通り※敬称略。カッコ内は年齢▽松吉洸紀(20)/野村雄一(20)/小林亨輔(20)/武藤聖人(19)/野中悠生(16)/山本裕二(16)/飯田勇希(19)/土佐野岬(15)/中山悟(15)/吉田菜摘(21)/大内美優(13)

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク