座間版 掲載号:2014年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

就労継続支援B型事業所グローリー 心込めた、ざまりん菓子 特製の型で、完成度に自信

社会

クッキー作りの工程。慎重に作業する
クッキー作りの工程。慎重に作業する
 2007年に設立され、心の病を持った人たちを支援する「NPO法人ワーカーズ・コレクティブこかげ」(武尾昌子理事長)。同法人が運営する就労継続支援B型事業所「グローリー」で1月中旬から、「ざまりん」をあしらった焼き菓子が発売されている。専門業者に依頼した型で、ざまりんの可愛らしさを表現した。

 グローリーには、精神科や心療内科に通院して服薬している人、障がいなどで一般就労や就労支援事業の雇用に結びつかなかった人が通う。利用者は就労訓練として、製菓やチラシ配布に取り組んでいる。

 ざまりんをあしらった焼き菓子はクッキー、サブレ、マドレーヌの3種類。「購入した人が『可愛い』と思う、完成度の高いお菓子にしたかった」と武尾理事長。特に、専門業者がデザインした型で作ったクッキーとマドレーヌは、購入者からの反応も上々だという。クッキーは、目や口の造形にもこだわっている。

 価格はクッキーが150円、サブレとマドレーヌが各100円。同事業所(緑ケ丘5の4の25)で発売中。武尾理事長は「心の病を持っている人たちが、可愛いクッキーを作っていることをより多くの人たちに知って欲しい」と期待していた。問い合わせは同事業所【電話】046・244・5404。

左から、マドレーヌ、クッキー、サブレ
左から、マドレーヌ、クッキー、サブレ

座間版のローカルニュース最新6件

平成最後の神輿渡御

7/31宵宮祭8/1例大祭

平成最後の神輿渡御

7月27日号

10万本のおもてなし

タオルを被災地へ

症例もとに意見交換

座間総合病院×消防本部

症例もとに意見交換

7月27日号

結成30年の歌声を

伝統と活気を未来へ

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク