座間版 掲載号:2014年3月7日号 エリアトップへ

ざま災害ボランティアネットワーク たい焼きで元気届ける 2年半に及ぶ被災地支援プロジェクト

社会

掲載号:2014年3月7日号

  • LINE
  • hatena
会津若松の仮設住宅に出店。住人も作業を手伝った
会津若松の仮設住宅に出店。住人も作業を手伝った

 今月11日で、東日本大震災から3年―。座間市の民間災害救援ボランティア団体「ざま災害ボランティアネットワーク」(濱田政宏代表)が復興支援として、被災地にたい焼きを届けるプロジェクトを2011年夏から継続している。これまでに被災地を訪れた回数は約20回。作ったたい焼きは、市内のイベントも含めると1万8千個近くにも上った。取り組みの成果と今後の展望を取材した。

 このプロジェクトは、災害救援ボランティアとして活躍する鈴木幸一さん(横浜市)が考案した支援策。被災地に調理器具と材料を持ち込み、あんこいっぱいのたい焼きを提供し、元気を届けようというもの。「たいやきシール」(1枚100円)やたい焼きを地元で販売し、活動資金とする仕組みだ。災ボラでは東日本大震災から半年後に、鈴木さんから許可を得てプロジェクトをスタートさせた。

 プロジェクトで初めて訪れた場所は、津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町の吉里吉里(きりきり)地区。津波で家屋が流された中、残ったガソリンスタンドの横にテントを設けて、たい焼きを無料で提供した。「訪れた人は、私たちを拝んでいるような雰囲気。『ありがとう』と声をかけてくれた。私たちも涙が出た」。濱田代表は当時をそう振り返る。

 そこからプロジェクトは拡大。福島県大熊町からの避難者が住む仮設住宅(会津若松市といわき市)、宮城県石巻市・女川町などでも活動を展開した。2012年には雇用を生み出そうと、ボランティア団体と連携し、大槌町の仮設商店会にオープンするたい焼き屋も支援した。

 一方で、座間市内のイベントに多く参加。得た収益金を、被災地に行くための交通費や材料代に充てた。昨秋からはシールに代わり、ストラップを販売している。プロジェクトについて濱田代表は「たい焼き独特の温かさや甘さ。被災地の人々が笑顔になる」と話す。

「まだまだ続けていく」

 震災から3年が経ち、被災地の状況も変わり、プロジェクトも変化する必要性が出てきた。元気を届ける目的こそ変わらないが、今は、成長しようとする商業のバランスを崩さない事が大事だという。たい焼きは、現地店のレシートや施設入館券と交換できるなど、集客ツールとして活用されるようになった。また、無料で配り続ける事は子どもや商店に影響を与えてしまうと考え、地域の状況により50円、80円、100円と段階的に価格を変更した。

 「まだまだ続けていきます」と濱田代表。復興住宅ができるまで、今後も活動を継続していく意向だ。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク