座間版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

東原在住仲村茂さん 廃ガラスに新たな輝きを 手製万華鏡で笑顔届ける

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
出来上がった万華鏡は、一つずつ仕上がりを確認する
出来上がった万華鏡は、一つずつ仕上がりを確認する

 3枚の鏡を貼りあわせ、端に色ガラスの欠片を封じ込めた筒に入れる。小窓をそっと覗くと、幻想的な世界が広がる。キラキラと輝くのは、かつて廃材として処分を待っていた工場の「廃ガラス」だ。

 これらの廃棄物に、新たな命を吹き込み続けている人物がいる。市内東原に住む仲村茂さん(74)が手製の万華鏡を作り始めたのは、今から3年前。電機メーカーの技術職として、50年にわたりガラス一筋の人生を歩んできた仲村さんが、人に喜んで貰うための方法として選んだのが万華鏡作りだった。

 始めは細々と知人に配っていた物が次第に評判を呼び、いつしか公共施設などのイベントで、子どもを対象に「万華鏡教室」を開くようになった。昨年には、知人を通じ、岩手と宮城の被災地の子どもたちに約200本を寄贈。これまでに作成した万華鏡は、およそ千本におよぶという。

 現在は、依頼があれば子ども会やサークルのイベントでも万華鏡作りを教えている。「世界に2つと同じものがないのが万華鏡の魅力。いずれは、手作り万華鏡を通じて人に元気を与えよう、という方がもっと増えてくれればうれしい」と仲村さんは話している。

 問い合わせは仲村さん【携帯電話】090・6797・9034へ。万華鏡作りには、材料費(1本当たり350円程度)が必要となる。

仲村さん作の万華鏡。煌びやかな世界が広がる
仲村さん作の万華鏡。煌びやかな世界が広がる

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク