座間版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

相武台南口商店会・相東小卒業生 ひまわり和紙に誓い込め 1年間の共同作業が結実

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
完成品を手にする戸津信義商店会長
完成品を手にする戸津信義商店会長

 相武台東小学校の卒業生が、お世話になった母校と地元商店会にひまわり和紙を活用した「ざまっ子八つの誓い」を贈った。使用された和紙は、相武台南口商店会の事業に同校が協力し、座間のひまわりを使ってすいたもの。「誓い」は同校の教室や商店会員の店舗に飾られるという。

 この試みは相武台南口商店会が展開し、市の花ひまわりを活用して地域の活性化を目指す「ひまわり活性化事業」の一環。商店会と同校はこれまで、およそ10年にわたりひまわりの栽培やひまわり製品作りに取り組んできた。

 昨年度までは種から抽出した油を使用し、キャンディーなどの食品や燃料などを製造していたが、今年度は活用が進んでいない茎の繊維を材料に選定。和紙の産地として有名な埼玉県小川町の「和紙体験学習センター」職員の協力を得ながら取り組んできた。

 2月に行われた紙すきには、同校の6年生も参加。材料も商店会と同校がともに管理する栗原の畑で収穫されたものを使用した。

「豊かな心育んで」

 和紙には、代表児童が書いたという「ざまっ子八つの誓い」が印刷された。

 ざまっ子八つの誓いとは、市教育委員会がかねてよりの教育目標である「豊かな心の育成」を、より具体的にしようと2011年に定めたもの。市内小中学生へのアンケートの結果を基に児童の目線から掲げられた目標で、「毎日明るく元気にあいさつをします」「自然を大切にし、地球に優しい生活をします」など8つの目標が並んでいる。

 同商店会は「ひまわりを活用した、更なる地域活性を目指したい」としている。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク