座間版 掲載号:2014年5月2日号 エリアトップへ

長寿会サークルザ・ウタウォーズ 歌い続けて、1千回 創立25年で大きな節目

社会

掲載号:2014年5月2日号

  • LINE
  • hatena
鈴木代表(前列右から三番目)を中心に活動している
鈴木代表(前列右から三番目)を中心に活動している

 座間市の老人クラブ「立野台長寿会」(鈴木敬司会長)の会員によるサークル「ザ・ウタウォーズ」(同代表)が4月26日、活動1000回を迎えた。1人暮らしのメンバーが多いなかで、サークルは貴重な交流の場となっており、鈴木代表は「これからも出来る限り歌い続けていきたい」と意気込んでいる。

 「 歌声響くよ 笑顔も映える 明るい仲間だ 長寿会 年越え 老い越え 元気良く」――。活動1000回を迎えた先月26日、会場の立野台老人憩いの家には、元気いっぱいの伸びやかな声が響いた。歌うのは、鈴木代表が作詞した「長寿会は行くよ」。長寿会とウタウォーズのテーマ曲だ。

 ウタウォーズは1989年4月に結成された、立野台長寿会内のサークル。現在は64歳から99歳まで31人が在籍しており、毎週土曜日に立野台老人憩いの家で活動している。歌う曲は童謡や唱歌で、今年は「小さな木の実」と「阿夫利嶺に」に取り組んでいるという。東日本大震災の被災地支援曲「花は咲く」など難しい曲にも、数十回の練習を重ねて挑戦した。

 歌だけでなく、「おしゃべり」をするのが楽しみの1つ。「2月の大雪の日も、みんな集まってきた。それだけ楽しみにしているんだと思う」と、鈴木代表は活動の手ごたえを話す。

「生きている限り続けていきたい」

 発足時から在籍しているのが、岩崎ひさえさん(94)と藤田キミヒさん(99)の2人。座間市民の歌「WELOVE ZAMA!」が好きだという岩崎さんは「1000回目を迎えて嬉しい」と話し、「歌うことと、よく噛んで食べることが健康の秘訣です。病院の先生からも『健康的ですね』と褒められたのよ」と喜んでいた。最高齢の藤田さんは「健康にも良いし、どんな曲でもみんなと一緒に歌うと楽しい。生きている限り、続けていきたいね」と目を細めた。

発足時からのメンバー、岩崎さん(右)と藤田さん
発足時からのメンバー、岩崎さん(右)と藤田さん

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク