座間版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

旅絵師最上さん 座間の風景を画集に 散策に便利なマップ付き

文化

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena
「市内を歩くきっかけに」と期待する最上さん
「市内を歩くきっかけに」と期待する最上さん

 市内入谷在住の自称「旅絵師」最上勝孝さん(73)がこのほど、14年の創作活動において初となる画集「座間スケッチ1〜旅絵師気分で、座間を描く〜」を完成させた。市内の田園風景や神社仏閣が題材の水彩画を、市全域マップ付きで紹介しており、「画集をきっかけに、旅気分で座間を散策してもらえれば」と期待している。

 画集は「持ち運びしやすい」A5サイズで、表紙を含めて32頁構成。作品数は、絵を描き始めて間もない2001年に手掛けた「お品坂」から、2010年に創作した「目久尻川」まで26点。その全てにナンバリングが施されており、全域マップで場所を確認できる仕組みだ。「街を歩くと、様々な発見があります。座間の良さを、その目で確かめて欲しい」とマップを付けた意図を話す。

旅気分で自由に描く

 定年後の2001年から水彩画を描いている最上さん。画材道具を詰め込んだ重さ約5kgのリュックを背負って、座間市や鎌倉市などを巡り、風景や植物、人物を自由に描いている。旅絵師という名称には、「旅気分で街を歩き、目に留まったものを書きたい」という想いが込められている。市内では、新田宿の田んぼから大山方面を望む風景が好きだという。

 画集は1冊500円(税込)。取り扱い場所はコーヒーノート(入谷5の1870の1)/座間神社会館すいめい(座間1の3437)/麦っ子畑保育園(南栗原1の4の2)/焼き菓子の店グローリー(緑ケ丘5の4の25)。問い合わせは最上さん【電話】046・255・8022へ。

大凧まつりなど伝統行事も作品の題材に
大凧まつりなど伝統行事も作品の題材に

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク