座間版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

座間高らしさで頂点 卒業生が変則FS(フットサル)制す

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena
喜びを爆発させるメンバー。左から中川さん、廣戸さん、石井さん、山村さん※主催者より写真提供
喜びを爆発させるメンバー。左から中川さん、廣戸さん、石井さん、山村さん※主催者より写真提供

 変則的なフットサル大会「WINNER STAYS激戦上等」の決勝ラウンドが6月7日に都内で行われ、座間高卒業生が結成した「ZAMAGIC」が優勝した。「座間高らしい底力と魔法のようなプレーで、波乱を起こそう」というチーム名の通り、敗者復活戦から頂点に上り詰めた。

 ナイキが主催する同大会は、通常のフットサルコートより小さいピッチを舞台に行われる。4人制マッチで、失点すれば1人が退場し形勢不利に陥る。2点先取したチームが勝者となり、コートに残る。時間内に最も勝ち星を稼いだチームが、その会場の王者。1284チームが出場した。

 ZAMAGICは、サッカー部に所属していた廣戸大志さん・山村拓さん・中川賢斗さん、湘南ベルマーレユースに在籍していた石井光一郎さんが今年4月に結成した。全員が2012年の卒業生だ。

 5月の地区大会を突破したZAMAGICは、6月7日に東京で行われた決勝ラウンドへ進出。予選Dグループでは苦戦を強いられ、敗者復活戦に回った。しかし、予選最激戦区と言われたDグループで戦った自信を糧に勝利を重ね、最終ラウンドへの復活を果たした。

 「自分たちは一番下から這い上がってきた。負けて上等。思い切り試合を楽しもう」――。強豪揃いの最終ラウンドでも、気負いはなかった。各上の相手でも、気持ちを前面に押し出したプレーで圧倒。規定時間が終了した時には7勝を挙げて、栄冠を手にした。

 「『俺たちが勝っちゃっていいのかな』という感じでした」と振り返る廣戸さん。優勝の喜びと実感は、表彰式で盾を掲げた瞬間に沸き起こったという。「気持ちで引き寄せた勝利。サッカー部で鍛えられた成果だと思います」と笑顔で話した。
 

座間版のトップニュース最新6

ひまわりが繋ぐ地域の輪

ひまわりが繋ぐ地域の輪 社会

相東小で今年も種まき

5月24日号

「いざ」に備え情報交換

「いざ」に備え情報交換 社会

市、大仙市と災害対策会議

5月24日号

市内に初の映画館

市内に初の映画館 文化

イオンシネマ来春開業

5月17日号

時を越え都市交流深まる

時を越え都市交流深まる 社会

米国スマーナ市長来座

5月17日号

福岡県大牟田市に負けるな

福岡県大牟田市に負けるな スポーツ

5月29日 健康増進イベント

5月1日号

第1位に莟道子さん

日本歌曲コンクール

第1位に莟道子さん 文化

新たな文化創造へ

5月1日号

令和婚をお祝い

座間市

令和婚をお祝い 社会

5月1日オリジナル記念証を贈呈

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

混声ハーモニーを披露

混声ハーモニーを披露

シルバーコーラス・スマイル

6月15日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク