座間版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

25周年を迎える立野台コミュニティセンターの管理運営委員長 野村 光和さん 立野台在住 66歳

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena

元気の生まれる場所に

 ○…老若男女、様々な地域住民が訪れる「コミュニティセンター」。いつも子どもたちの遊ぶ声が響き、大人たちはサークル活動に夢中だ。市内8ある施設のうち最も歴史の長い「立野台コミセン」の管理運営委員長に就任した2年前、「どうすれば、皆がもっと足を運んでくれるだろうか」と頭を悩ませた。子どもたちと地域の年配者が、けん玉やお手玉を楽しむ「むかし遊び」や、ざまりんにも会える「キッズ映画会」など新企画を立ち上げ、その甲斐あってか利用者数は急増中。昨年は開館以来初となる年間5万人を突破した。

 ○…立野台のみこし保存会に参加したのが、地域活動のスタート。25年間にわたって地域での人脈を広げるうち、「是非」と声がかかって委員長になった。センターの事務室には、大きな文字で「明るく、楽しく、元気よく」とスローガンを掲げた。実践の第一歩は、まずは自分が元気でいることだ。元気は職員にも伝染し、職員から利用者にもそれが広がる――。「少しずつ、立野台全体に広がって、地域がもっと元気になればいいなと思うんです」

 ○…浅黒い肌は、趣味のテニスとゴルフによる勲章だ。テニスは学生時代からの趣味で、現役時代はIT企業の実業団チームに所属していた。根っからのアウトドア派で、妻にも楽しさを伝えるべくコーチを務めた。「それが、いつの間にやら妻の方が上手くなってしまって」。妻は全国大会の最高峰「ソニー生命カップ」に出場するまでになった。「最近は、もう敵わないよ」と嬉しそうに顔をほころばせる。

 ○…年1回の「コミセンまつり」では、年々来場者が増え、ついに2000人を超えるまでになった。当日は外も室内も人でいっぱい。そんな光景を目にすると、ああ、よかったな、と思う。「公共施設と言えども、受け身ではいけない。積極的に人を呼んで、地域の輪を広げるための、お役に立ち続けたい」

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク