座間版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

4団体3事業が採択 にぎわい補助金

経済

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena

 商店街組織等に最大400万円を助成する「地域商店街活性化事業」(=にぎわい補助金)の採択事業が8月8日に発表され、市内4団体3事業が選ばれた。同事業は「全国商店街振興組合連合会」が国の助成を得て基金を造成している。

 採択を受けたのは、座間市相武台商店会(落合明会長)&(株)フリップアップ(内山浩司代表)、市商店会連合会(中島祐安会長)、みどりとさくらの街さがみ野(関吉実冶会長)。

 市相武台商店会と(株)フリップアップは「座間市相武台商店会情報誌発行事業」と銘打ち、商店会の情報誌を発行する。また、スタンプラリーをオリエンテーリング方式で行い、会員店舗の周知を図る。総事業費約347万円、約321万円の助成を受ける見通し。

 市商連は地域イベント&ネット事業「咲かせよう!!座間のひまわりキャンペーン」で活性化を図る。毎年開催されている「ひまわりフェスタ」にポータルサイト「0462.net」を連携させる。総事業費約396万円、うち約370万円の助成金で採択された。

 みどりとさくらの街さがみ野は、3枚つづりのチケットではしご酒を楽しむ「さがみ野北口ちょい呑みフェスティバル」で集客を図る。総事業費約78万円、約73万円の助成が採択された。

まちづくり事業2商店街に採択

 商店街の設備強化等に最大1億5千万円を助成する「商店街まちづくり事業」平成25年度補正第3次先行募集の採択案件が同日公表され、市内の鈴鹿長宿商店会(矢澤富夫会長)と、みどりとさくらの街さがみ野が採択を受けた。両会ともに街路灯のLED化事業。総事業費はそれぞれ約207万円と297万円。うち約128万円と約183万円が助成金として採択された。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク