座間版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

市自連 若い世代に照準 特製の加入促進ツール

社会

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena
「3万世帯が目標」と波形委員長
「3万世帯が目標」と波形委員長

 市内184の自治会をまとめる「座間市自治会総連合会」(=市自連/渡辺了会長)がこのほど、県内ワースト1位と低迷する加入率に歯止めをかけるため、マンションやアパートに住む若い世代向けのポスターとパンフレットを作った。3月に加入促進協定を締結した、「(公社)県宅地建物取引業協会相模南支部」と「(公社)全日本不動産協会神奈川県本部相模原支部」の加盟会社を通じて配布し、集合住宅に住む人の加入を図る考えだ。

 市自連によると、自治会加入数は2万9659世帯と、全世帯の約53%に留まっている。低下の一因が、集合住宅に住む人の入会が進まないこと。訪問時間が限られている上、管理組合を持つマンションもあり、アプローチが難しいという。こうした状況を打破しようと結ばれたのが、不動産団体との協定。両団体に所属する事業所の協力のもと、転入者に啓発物を配り、「入口」を押さえる狙い。

 ポスターとパンフレットは協定をより有効活用しようと、市自連の内部組織「自治会加入促進戦略委員会」(波形昭二委員長)が企画。メインターゲットの若い世代を意識したカラフルなデザインのもと、自治会の役割や活動をまとめた。ポスターがA3サイズ、パンフレットがA4サイズで、それぞれ1千枚と1万5千枚を作成。不動産業者を通じて転入者などに配られるほか、自治会の掲示板で周知される。波形委員長は「長期的視野に立って活動し、入会数を3万世帯まで伸ばしたい」と話し、渡辺会長は「事業所の協力を仰ぎながら積極的に行動していきたい」と意気込んでいた。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク