座間版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

座間青年会議所 須賀川JCと「姉妹」に 3年越しの交流、結実

社会

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
調印した丸山理事長(右)と佐藤理事長
調印した丸山理事長(右)と佐藤理事長

 40歳以下の若手経営者などが街づくりに取り組む「座間青年会議所」(丸山秀一郎理事長/座間JC)が今月22日、座間市と友好交流都市関係にある福島県須賀川市の青年会議所(佐藤浩之理事長)と姉妹JCとなった。東日本大震災の復興支援をきっかけに始まった交流が、3年越しで実を結んだ。

 両JCの間で交流が始まったのは、東日本大震災の発災後。復興支援事業「市の花ひまわり180万本咲かそうプロジェクト」の一員として、会員が須賀川を訪れたのがきっかけだった。その後、「ひまわりまつり」や「松明あかし」など両市のイベントを通じ親睦を深め、今年8月に座間JCが主催した事業「フレンドリーキッズ2014」には両市の児童54人が参加した。

 昨秋から温めてきたという姉妹JC構想。今年2月から会議を重ね、内容を詰めてきた。締結には、「より一層の信頼関係を築き、お互いに発展していきたい」(丸山理事長)という想いに加え、震災の記憶を風化させない狙いもある。

 東京で開かれた締結式には、それぞれの会員やOBなどが出席し、丸山理事長と佐藤理事長の調印を見守った。丸山理事長は「(締結は)両JCの継続的な交流に繋がる」とし、「創立35年の私たちにとって、半世紀近い歴史を持つ須賀川JCから学ぶことは多い。今後もお互いに刺激しあって、発展できれば」と期待していた。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク