座間版 掲載号:2014年11月14日号 エリアトップへ

座間市消防団 初の全国で準優勝 磨き上げた操法を披露

社会

掲載号:2014年11月14日号

  • LINE
  • hatena
涙を見せ、鈴木団長(左)と抱き合う高波さん
涙を見せ、鈴木団長(左)と抱き合う高波さん

 全国各地の消防団が操法技術を競う「第24回全国消防操法大会」が11月8日に東京臨海広域防災公園で開かれ、神奈川県代表の「座間市消防団」が、初出場にして準優勝に輝いた。今年1月から、本業や学業と両立しながら練習に励んできた団員たち。10カ月間に及ぶ努力が、全国2位という快挙を手繰り寄せた。

安堵と歓喜、拡がる

 「ホッとしました」――。団員をまとめてきた段谷(だんたに)比呂之分団長(42)と、指揮者として選手を牽引してきた高波貴志さん(35)は競技終了直後、同じ言葉を口にした。「やり遂げた」という達成感と安堵感がない交ぜになった瞬間。これまでに支えてくれた人々と顔を合わせると、高波さんは大粒の涙を流した。目の縁に涙をためた段谷さんは、「(選手たちは)緊張しながらも、これまでで最高の演技を見せてくれました」と仲間を称えた。

消防関係者や家族支えられた10カ月

 全国への挑戦は1月から始まった。市消防団が出場した「ポンプ車操法」は、車両からホースを2線延長し、標的を倒すまでの時間や行動の規律性を競う。実際に演技するのは指揮者を含めた5選手だが、練習には団員やOBもサポートに駆けつけた。操法を指導したのは、市消防署の署員ら。市民ボランティアで構成される消防団が「非常備消防」と呼ばれるのに対し、市消防署は「常備消防」と言われる。「非常備」と「常備」、ともに街の防火・防災に取り組む人々の一体感が、座間ならではの強みだ。7月の県大会で1位になり、全国行きを決めてからは、未知の舞台となる「全国の戦い方」を模索し、ともに練り上げてきたという。

「感謝の想いでいっぱい」

 そして迎えた大一番、座間からは200人近いサポーターが駆けつけた。競技場に沿って設けられた巨大な観客席、10人にも及ぶ審査員。県と大きく異なる環境にもかからず、選手たちは練習以上の演技を披露。第1線と第2線のホースで、基準タイムを5秒ほど上回る49・99秒と59・56秒を記録し、175・5点を獲得した。184・5点という驚異的な記録を出した壱岐市消防団(長崎県)には及ばなかったものの、第3分団は24チーム中2位で全国準優勝を果たした。

 選手を指導した、市消防署本署・第2警備課の落合勝男課長は「120%の出来栄え」と激賞し、市消防団の鈴木文也団長は「全国の『重さ』は独特。平常心で良く頑張ってくれました」と話した。遠藤三紀夫市長は「選手たちは勿論、その支えとなった団員、消防署員。家族、会社など多くの人々に感謝をしたい」と言葉を詰まらせながら語った。

 高波さんは「お世話になった人たちへの感謝の気持ちでいっぱい」と万感の想いを述べ、段谷分団長は「長いようで、あっという間の10カ月でした。燃え尽き症候群にならないか心配です」と笑いながら戦いを振り返った。

遠藤市長(左)と固い握手を交わす段谷分団長
遠藤市長(左)と固い握手を交わす段谷分団長
市を代表して戦った段谷分団長(前列)と選手ら。後列左から田子大介さん(20)、菅原孝柄さん(21)、高波さん、秋元尭さん(31)、竹内龍さん(36)、川又大徳さん(35)
市を代表して戦った段谷分団長(前列)と選手ら。後列左から田子大介さん(20)、菅原孝柄さん(21)、高波さん、秋元尭さん(31)、竹内龍さん(36)、川又大徳さん(35)

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク