座間版 掲載号:2014年11月21日号 エリアトップへ

ひばりが丘在住土門幸平さん 自転車またがり日本一周 72歳の初挑戦 無事に完走

社会

掲載号:2014年11月21日号

  • LINE
  • hatena
日記にスケジュール、地図。その全てに子細な文字が隙間なく並ぶ
日記にスケジュール、地図。その全てに子細な文字が隙間なく並ぶ

総走行距離は「地球2周半」

 自転車で47都道府県を巡る、日本一周走破に挑戦していた土門幸平さん(72・ひばりが丘)が11日、80日間に渡る旅を無事に終えてこのほど帰還した。自転車に乗り、早6年。これまでの総走行距離は10万Km、地球2周半相当に達した。

 「ぐいぐいと風を切って、時には唄なんか歌って。海も山も、どこまでも続く稲穂の群れだって、全部独り占め。究極の自由だね。何したっていいんだから」―。

 土門さんが、マイカーから自転車に乗り換えたのは66歳の頃。高齢にもかかわらず、颯爽と自転車に乗る知人に影響を受けた。

 自転車に乗るうえで、自分にルールを課した。「昨年同月よりも、絶対に距離を伸ばすこと」。年齢とともに走行距離は伸び続け、最近は毎日20Kmを走るまでになった。「毎年距離を伸ばして行けば、いつかは限界にたどり着く。最後にやろうと決めたのが、日本一周だった」。全ての都道府県を通り、普段会えない知人友人と会う、という新たな目標が決まった。

 これまでの最長記録は、3年前に座間から夕張までを北上した際の約2600Km。今回はその4倍近い「未知」への挑戦となった。

80日間の旅、人生に擬(なぞら)え

 3カ月弱に及んだ旅の道程は、まるで人生をなぞらえているかのようだった。

 生まれ故郷である北海道夕張市を8月24日に発ち、18日目に新潟の親戚宅に赴いた。ちょうど、18歳の時に行った場所だ。31日目には、九州で妻が出迎えてくれた。九州の地で妻と出逢ったのも、31歳の時だった。

 「タイヤがパンクしたり、台風の雨風にさらされた日もあれば、素晴らしい景色に迎えられた日もあった。厳しい坂を上れば、その分下ることもできる。人生を凝縮したような日々だった」

 旅先では多くの人に支えられた。40歳以上も年下の、同じく日本一周を志す若者、「ウチ泊まっていきな」と、初対面にもかかわらず部屋を貸してくれた会社社長。すれ違うライダーたちが、皆手を上げて挨拶をしてくれたのも印象的だった。

 「とにかく人との出会いや再会が素晴らしかった。各地で快く迎えてくれた友人、心配しながらも送り出してくれた妻にも感謝を伝えたい」

完走後、高校の同級生による祝賀会が開かれた
完走後、高校の同級生による祝賀会が開かれた

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク