座間版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

世代越え、いじめ撲滅へ提言 小・中・高校生がフォーラム

教育

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
「あたりまえ座間小」を披露した座間小児童
「あたりまえ座間小」を披露した座間小児童

 市内4校の小・中・高校生が一堂に集まり、いじめの撲滅について考え発表する「県央地区かながわ子どもスマイルウェーブ 地域フォーラムin ZAMA」が26日、入谷小学校で行われた。学校の枠を超え、児童・生徒が様々な角度から「いじめ撲滅」について考え合った。

 かながわ子どもスマイルウェーブは、いじめや暴力行為、不登校の未然防止を目的とした、産・官・学・民が一体となり行動するための県民運動。子どもを中心に、家庭や地域の大人たちとの交流の機会を充実させることで、子どもの自己肯定感や規範意識を高めるとしている。

 会場には4校の関係者のほか、地域住民や青少年健全育成関係者らも招かれ、総勢250人が集まった。

寸劇にパロディもいじめ対策、ユニークに

 初の座間開催は、各校が独自の方法でいじめについての提言を行うユニークなイベントとなった。

 各校の発表に先立ち、座間高校生徒会が独自に製作したビデオメッセージ「いじめ〜伝えよう、自分の思い〜」を放映。小さな行き違いからいじめに発展していく様子をリアルに描き出し、問題提起を行った。

 トップバッターの座間小は、友達からかけられて嬉しかった言葉や挨拶の大切さなどについて調べ、発表した。人気コメディアンのパロディ「あたりまえ座間小」で、日常における「あたりまえだけれど大切なこと」を歌と踊りで表現した。

 対する入谷小は、寸劇形式で発表。プロレスの入場風に、挨拶の良い例と悪い例をコミカルに紹介すると、会場からは笑いがこぼれていた。

 西中学校生徒会は、独自のいじめ撲滅スローガン「ハートウォーム」を軸に発表。生徒にデザインを募って定めたマスコットキャラクター「いじめ撲滅大使 ニシリン」を紹介したほか、全校アンケートを基にした改革案を掲げ、チャイムが鳴った時刻に所定の場所にいなかった生徒に対してポイントを課す「チャイムアウト」、ボランティア推進等での学校の風紀向上を誓った。

 座間高校生徒会は、ビデオメッセージ撮影の裏側等を紹介。製作にかけた思いについて話した。

 市教育委員会は「いじめの問題を、大人たちだけでなく、当事者である子どもたちが考えることに意味があると改めて感じた」と初開催の手ごたえについて語った。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク