座間版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

かながわ福祉サービス大賞 「ふれんどりぃ」に栄冠 「生きる力」引き出す介護に共感

社会

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
介護の現場は「感動が多く生まれる場所」と語る筒井代表。10周年記念式典でも、受賞の喜びを報告した
介護の現場は「感動が多く生まれる場所」と語る筒井代表。10周年記念式典でも、受賞の喜びを報告した

 福祉の現場で取り組まれている先進事例を紹介し、表彰する「第3回かながわ福祉サービス大賞」に、市内栗原中央の「(有)ふれんどりぃ」(筒井すみ子代表)が選ばれた。筒井代表は11月19日に横浜市内で開催された「先進事例発表会」で、「利用者の生きるに寄り添って」をテーマに事例発表。生きていくエネルギーを引き出す介護について体験を交えながら語り、来場者の共感を集めた。

 この発表会は、公益社団法人かながわ福祉サービス振興会(=瀬戸恒彦理事長)が、福祉現場における先進的な事例の発掘などを目的に実施し、今年で3回を数える。

 会場となった関内ホールには、事前審査を通過した7事業所の発表者が集まった。

 4番目に登壇した筒井代表は、事業所を立ち上げた10年前を思い返しながら語った。定員7人の小規模デイサービス、一般住宅を改装してのスタートだった。

 「当時、料理も電車に乗ることもできず、留守番も難しくなって入所してきた80代の女性利用者が言ったんです。『もう、生きていても、仕方ない』と」――。

 「一緒にやれば、できるよ」と利用者の手を取り、ともに料理や散歩、雑巾も一緒に縫った筒井さん。「特に料理は素晴らしくて、サバの味噌煮の作り方もその女性から教わりました」

 そんな経験から生まれたのが、地域の先生を招いてフラワーアレンジメントや歌を教わるデイサービス「おけいこサロン寿」や、利用者が軽作業などの「お仕事」を請け負う形で機能訓練を行う「デイサービスふれんどりぃ」など、生きがいを重視したサービスだった。現在は小規模多機能型居宅介護施設も含め5施設を運営し、年に1度は希望者全員を連れて旅行にもでかける。「認知症の方でも、関わり方次第で生きる力を引き出すことができるんです」。語気を強めて語った。

 審査は来場者による投票を踏まえ、審査委員会が行った。215人の来場者に1人20ポイントの持ち点が与えられ、同事業所は約1000ポイントを獲得した。

 「10周年の節目に、一度原点に立ち返ろうかと思ったんです」と、大賞応募の動機を語った筒井代表。結果を受け「これまで手探りでつっぱしってきた。常に『果たして、このやり方でいいのか』という葛藤と常に隣りあわせだったが、多くの人に認められてよかった」とコメント。大賞受賞については「初挑戦だったので、ただただ驚き」と、目を細めていた。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク