座間版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

40周年記念大会を11月30日に開催する座間市詩吟連盟の会長を務める 河野 誠一さん ひばりが丘在住 74歳

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

情感を詩(うた)にのせ

 ○…漢詩や和歌に独特の節を加えることで、その情感や景色をより鮮明に描き出していく。「『とおくに』と言うのと、『とおーーくに』と言うのでは、その遠さが違うでしょ」。同じ詩を吟じても、言葉の「間」や「溜め」、声のトーンによって十人十色の景色が浮かびあがる。「世界中、数ある言語の中でも、日本語ほど表情豊かな言語はないよ」。その魅力に取りつかれ、早四十余年になる。

 ○…小学生の頃から歌が好きだった。特に、美空ひばりはデビュー曲からの大ファン。当時から音感に長け、2〜3度も聴けばすぐに覚えた。その感性とよく通る声からコーラスに誘われたが、コブシの効きすぎた歌声が浮いてしまい、すぐさま「お役御免」になった。詩吟の門を叩いたのは母の影響。30代のはじめに、「緑神会」の祖・林緑神氏の直弟子として、詩吟の世界に足を踏み入れた。

 ○…師からはよく、ロマンチストであれ、と教えられた。ある日「どんな花が好きか」と尋ねられ、山間部に小さな花をつける「コミヤマスミレ」をあげた。それを聞いた師はにっこりとほほ笑み「君は詩吟に向いているよ」と、一言。「自慢できることはあまりないと自分で思っているけれど、良い師に恵まれたことだけは胸を張れる」。すっかり詩吟に夢中になり、当時の職場の工場でも、人がいなくなったのを見計らっては機械音の中で吟じた。

 ○…かつて「吟道」として、精神力を高めることにも重きをおいた詩吟。今では少し様子が変わり、趣味として気軽に詩吟を楽しむ人も増えてきたように感じる。近年は伴奏つきや皆で合唱する「合吟」など多様化が進み、時代の流れを感じさせる。9団体・約180人が加盟する市詩吟連盟も、最初からのメンバーは自分を含め3人のみになった。「今の目標は、次世代にバトンを繋げること。何十年やっても極められない、この奥深さを若い人にももっと知って貰いたい」

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク