座間版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

市蕎麦商 子どもに笑顔を「出前」 そば慰問、30年目に

教育

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena
美味しそうに麺をすする子どもたち
美味しそうに麺をすする子どもたち

 「福祉施設で暮らす子どもたちに、一足早い年越しそばを」――。市内18店舗が加盟する「座間市蕎麦商組合」(瀬川清光組合長)の組合員らが11月20日、緑ケ丘の児童養護施設「成光学園」(矢部雅文園長)を訪れ、手作りのそばを振る舞った。

 大みそかに縁起を担いで食べる年越しそばの風習を、子どもたちに楽しんでもらおうと始まった企画。今年で30回目を迎えた。

 節目の今年は、月見・天ぷらなどお馴染みのメニューに加えて、「育ちざかりの子どもにボリュームがあるものを」と肉蕎麦・うどんが用意され、特に中高生から人気を集めた。料理を堪能した子どもたちが、「ごちそう様でした」と元気よくお礼を言うと、組合員たちは笑顔で応えていた。

 30年前からこの企画に携わっているという瀬川組合長は「子ども達から毎年、お礼の作文を貰っています。それを読むと、来年も頑張らなきゃと思います」と嬉しそうに話していた。

遠藤市長(中央)も子どもの食べっぷりを見学
遠藤市長(中央)も子どもの食べっぷりを見学

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク