座間版 掲載号:2014年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

座間市立小・中学校 インフルで閉鎖、相次ぐ 例年より1カ月早く流行

社会

 例年1月から本格化するインフルエンザが、県内で早くも広がりを見せている。座間市でも12月に入り市立小・中学校8クラスで学級閉鎖が相次いだ。

12月に入り8クラス

 座間市を含んだ3市1町1村を管轄する厚木保健福祉事務所では、17の内科・小児科でインフルエンザの発生状況を調べている。同管内では、第48週(11月24日〜30日)に、定点あたりの報告数が2・35件となり、流行開始の目安となる1・0を超えた。翌49週(12月1日〜7日)には、定点報告数が4・59件まで増加した。2013年の同時期と比べると、3・5件ほど増えている。

 市内の小・中学校では、9月に相武台東小学校で、インフルエンザによる学級閉鎖が行われた。流行が始まった11月下旬以降は、今月15日の相模中学校に始まり、座間・旭・東原の3小学校で学級閉鎖の措置が相次いだ。例年、インフルエンザに伴う学級閉鎖は1月中旬から頻発するが、今シーズンは1カ月ほど早まっている。

予防、呼びかけ

 県の発生状況を取りまとめる神奈川県衛生研究所によると、県の患者報告数(2221人/第49週)のうち約80%を14歳以下が占めているという。「大人より免疫力が低く、学校や幼稚園など集団で生活することで感染が拡がりやすい」と同研究所は分析する。

 予防法としては、小まめな手洗いやうがい、マスク着用など。重症化や合併症を防ぐ手段としてワクチンがあるが、接種してから効果が得られるまで、2週間ほどかかるため、同研究所では早めの接種を呼びかけている。

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク