座間版 掲載号:2014年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

ステージでクリスマス満喫 介護施設利用者らが演奏

文化

クリスマスソングを歌う「ふれんどりぃの郷」入居者ら
クリスマスソングを歌う「ふれんどりぃの郷」入居者ら
 市内でデイサービスや小規模多機能型居宅介護施設を営む(有)ふれんどりぃ(筒井すみ子代表)が17日、ハーモニーホール座間小ホールでクリスマス会を開催した。ステージにはボランティアや施設職員に加え、施設の利用者らも登場。合唱や劇、ハンドベルの演奏などを行った。

 小規模多機能型居宅介護「ふれんどりぃの郷」の利用者は、合唱に挑戦した。サンタやトナカイ、クリスマスツリーに扮した職員が伴奏や手拍子をする中、入居者が「ジングルベル」や「赤鼻のトナカイ」、「上を向いて歩こう」の3曲を熱唱。観客も手拍子や歌でエールを送り、曲が終わると大きな拍手が起こった。

 合奏では、デイサービスの利用者が、日ごろの音楽療法の成果を披露。昔演奏していた楽器をそれぞれ担当し、現在の身体能力などに合わせて職員がアレンジした楽譜に沿って、マンドリンやハーモニカなどを演奏した。

 筒井代表は「日ごろは与えられる側であることが多い利用者さんが、ステージで主役になっていきいきとした表情を見せてくれた。やった甲斐がありました」と話していた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク