座間版 掲載号:2015年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

「公設民営」を啓発 市民参加型の避難所訓練

社会

講座参加者に呼びかける濱田代表(左)
講座参加者に呼びかける濱田代表(左)
 災害に備えて「公設民営」の避難所の在り方を検証しようと2月14日、訓練が西中学校で実施され、地域住民およそ60人が参加した。

 訓練は、座間市と市民団体「ざま災害ボランティアネットワーク」(=災ボラ/濱田政宏代表)による協働事業。事業では今年度、西中・東原コミュニティセンター・相模野小学校をモデル地区に、市民参加型の避難所づくりを目指している。地域住民が、災ボラ会員による講座と、地域の実情に沿った開設・運営マニュアル策定を経て、実地訓練に臨む。西中は新田宿と四ツ谷の各連合自治会が参画した。

 参加者は当日、午前9時のサイレンに合わせ、身を守る行動をとる「シェイクアウト」を行ったのち、西中に移動。市職員3人と協力して避難所を立ち上げると、仮設トイレ設置から炊き出しまで、実践的な内容を学んだ。濱田代表が、食糧確保や排せつ物処理など避難所生活の過酷さを強調した上で、「利用しないで済むように防災・減災対策の徹底を」と呼びかけると、住民らは真剣な表情で聞き入っていた。

 参加した男性は「備蓄タンクが在ることを知らなかった。訓練を通じて、知り得ることが多い」とコメント。市安全防災課の職員は、「開設担当の職員は3人と決まっているが、西中のような大きな施設では少ないかもしれない」と規模に応じた人員配置の必要性を感じていた。

 座間市内の一次避難所は、学校やコミセンなど28カ所。市は2015年度に8カ所、2016年度に10カ所で、同様の訓練を計画している。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク