座間版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

2015年度当初予算案 投資経費増の「積極編成」 一般会計は過去最大393億

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 座間市は2月20日、2015年度の当初予算案を発表した。一般会計は、393億6614万円で過去最大。新消防庁舎建設事業費や芹沢公園整備費など投資的経費を大幅に増やした「積極型」の予算編成となった。

 行政運営の基礎を成す一般会計に加え、国民健康保険や公共下水道事業に関する特別会計も284億1426万円(前年度比9・2%増)と過去最大。水道事業会計と合わせた予算総額は、708億6259万円となる見通しだ。

 歳入の中核となる市民税は、前年度比マイナス0・6%の180億6233万円。個人市民税は若干増額したが、企業の法人市民税が、法人税率引き下げの影響でマイナス5・8%の9億7050万円となった。

 歳出を「人件費」や「扶助費」などの性質別にみると目立つのが、公共施設建設や道路整備に充てられる「投資的経費」の増加。昨年度の当初予算案では14年ぶりに30億円を上回っていたが、今年度は更に5億円ほど追加され、35億5162万円にのぼった。キャンプ座間の返還予定地内で計画中の新消防庁舎建設(3億6690万円)、2017年完成予定の芹沢公園整備(4億8487万円)、北・東地区文化センターの耐震化・エレベーター設置(1億4024万円)など、市民生活に身近な施設で整備が進められる。

 歳出の増加は、行政の貯金とも言える財政調整金や、国と県からの支出金などでまかなう。

拡充・新規事業

 市は第4次座間市総合計画に基づいて、新年度の主要事業を掲げている。主な拡充事業は、通学路や犯罪多発地域への防犯カメラ50基設置(543万円)、防火服上下セットなど消防団の装備充実費(5910万円)、既存の民間共同住宅を市営住宅として借り上げる事業(1億54万円)。新規事業には、大雨による冠水被害が多い近代乗馬クラブ付近(市道38号線沿い)の対策事業(3594万円)が盛り込まれた。

 新年度当初予算案は、今月26日から開会した座間市議会第1回定例会で審議される。

座間版のトップニュース最新6

避難者1000人強

台風19号

避難者1000人強 社会

人的被害なし

10月18日号

「就労前の支援」が評価

はたらっく・ざま

「就労前の支援」が評価 社会

日本協同組合学会賞を受賞

10月18日号

公共施設再整備案を公表

座間市

公共施設再整備案を公表 社会

各地説明会後パブコメ

10月11日号

アライグマ捕獲年々増加

アライグマ捕獲年々増加 社会

生態系に多大な影響

10月4日号

「認知症は生活習慣病のうち」

特別企画

「認知症は生活習慣病のうち」 社会

「全市民規模で」見守る

10月4日号

10月から新運行開始

コミュニティバス

10月から新運行開始 社会

病院アクセスしやすく

9月27日号

「人が来る理由をつくる」

「人が来る理由をつくる」 社会

座間駅前で新イベント

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「そのままでいい」

「そのままでいい」

家庭教育講座 参加者募る

10月25日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク