座間版 掲載号:2015年3月13日号 エリアトップへ

相模が丘仲よし小道 4年越しの「再生」叶う 15日に記念式典

社会

掲載号:2015年3月13日号

  • LINE
  • hatena
生まれ変わった緑道
生まれ変わった緑道

 古くなった染井吉野に倒木の危険性があることから、2011年度から4カ年計画で整備が進められてきた「相模が丘仲よし小道」(通称/さくら道)の工事がこのほど終了した。あさって3月15日(日)には、「住民参加型」の完成記念行事が催される。

 相模が丘を南北に貫く、長さ1・6Kmの緑道。もともとは戦後に作られた農業用水路で、1963年、住民が水路沿いに染井吉野を植えたことで、今に続く「さくら道」が誕生した。

 倒木の恐れがある染井吉野に替えて新しい桜を植栽し、一から歩道を作り直す再生計画は、座間市と市民団体「『新生さくら道』の会」(坂本文彦会長)によって2011年度にスタート。4年かけて工事が進められ、総工費は約3億6300万円に上った。

 完成した緑道には64品種220本の桜が並び、2月から5月初旬まで花を楽しめる。歩道も整備され、花木や地被類を含めた植物の総数は3万株にも及ぶ。

住民参加型

 記念行事は、地域住民らで構成される「相模が丘仲よし小道完成記念実行委員会」(飛田昭委員長=中面・人物風土記=)や座間市などが共催。緑道の中央広場(相模が丘3の35近く)で午前10時から、遠藤三紀夫市長や坂本文彦会長らが出席する式典が執り行われる。観賞性の高い品種「舞姫」の記念植樹も予定されている。

 記念行事のキーワードは「住民参加型」。相模中学校、相模野小学校、相模が丘小学校、座間孝道幼稚園の子どもらが、歌や演奏で式典を盛り上げる。さらに、地域住民およそ140人や市職員が、緑道を16区間にわけてたすきをつなぐ「ウォークリレー」も午前11時30分から行われる。そのほか、地元商店による露店、緑道の歴史を写真で振り返るパネル展示なども企画されている。午後3時30分に終了予定。

 住民参加型の意図について、「1人でも多くの人に参加していただき、さくら道に関心を持って欲しい」と話すのは飛田委員長。特に、将来的に緑道の維持・管理を担う子どもに向けては「記念行事を通じ、愛着を育んでもらえれば」と願う。坂本会長は「素晴らしい道が完成しました。これからも維持・管理に努めます。そして私たちが担っている役割を、うまく次世代にバトンタッチをしていきたい」と意気込んでいる。

タイムカプセル

 新生さくら道の会など3団体が、緑道完成に合わせてタイムカプセルを企画。封入作品を市民から募る。

 「さくら道と、私の夢と」をテーマに、3月15日から来年3月14日まで作品を募集する。集まった作品はタイムカプセルに詰め、来年4月、さくら広場(相模が丘2丁目)に埋める。開封は2026年4月の予定。

 対象作品は、【1】文芸(作文・詩・短歌・俳句)、【2】絵画(A3判以内/油絵は除く)、【3】写真(デジタル・アナログ)。原則1人1点まで。作品は連絡先を記入の上、〒252―0001座間市相模が丘3の35の21さくら亭「さくら百華の道タイムカプセルプロジェクト係」へ郵送、または直接ポストに投函を。

 問い合わせはさくら亭【電話】042・746・7610。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク