座間版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

60周年を迎えた座間市公民館の館長を務める 山頭(やまがしら)幸子さん 座間在住 54歳

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

「人間が大好き」

 ○…3月15日に開かれた、座間市公民館の60周年記念式典。地域住民など約150人が訪れ、アットホームな「公民館らしい」式典になった。当日は、半世紀にわたり書道サークルの指導者を務める市民など8人に対して、「公民館とわたし」と題したインタビューが行われた。その想いを聞き、公民館が地域住民から親しまれていることを改めて実感したそう。「これからも長く愛される公民館を目指そう」。そう気持ちを新たにした。

 ○…1979年、市役所に就職。市教育委員会や資源対策係などを経て、昨年4月、第20代館長に就任した。年間およそ10万人が利用する公民館は、「人間が大好き」という自身にとって、ぴったりの「現場」だ。多くの人々と出会い、会話し、交流を育む―。その過程で生まれる喜びに魅了されている。間もなく就任1年を迎える今、課題としているのは30代〜40代の利用。「働いている人が多く、来館する機会が少ない。親子で参加したり、地元・座間を知ってもらうイベントを企画して、何とか来館を促したい」とアイデアを練る。

 ○…曰く、「肝っ玉母ちゃん」。4人の子どもを育てながら、仕事と家事に全力投球してきた。特に40代後半は、幼児から中学生まで育ち盛りの子どもを抱える母親として、市職員として、多忙を極めていた。そのなかで、大きな支えとなったのが夫の初美さん。厳しさのなかにも細やかな気配りを忘れない夫と、二人三脚で歩んできた。結婚25年を迎えた3月16日には、開通したばかりの北陸新幹線を使った旅行を計画してくれたそう。「パパに感謝」と嬉しそうに笑う。

 ○…物事を判断する基準は「人が喜んでくれるかどうか」―。「思いやりをもって接してもらえると、嬉しい。だから、自分もそう在りたいです」と笑顔で話す。人との出会いを大切にしながら、これからも日々を大切に過ごしていく。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク