座間版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

市民の交流活発化へ 市 秋田県大仙と協定締結

社会

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena
調印を交わした遠藤市長(左)と栗林市長
調印を交わした遠藤市長(左)と栗林市長

 座間市が今月21日、災害時相互応援協定を結んでいる秋田県大仙市と、友好交流都市協定を締結した。2013年に締結した福島県須賀川市に続いて2例目。今後は、市民レベルでの更なる交流拡大が期待される。

 秋田県中央部に位置する大仙市は、大曲市と仙北郡7町村が2005年に合併して誕生した。広さは、座間市の約50倍(=約867平方キロメートル)で、人口は8万6433人(2月末日時点)。日本三大花火大会の1つ「全国花火競技大会 大曲の花火」の開催地として全国的に知られる。

 座間市とは、「座間市民ふるさとまつり」への出店を通じ、合併前の仙北郡中仙町と交流があった。1998年に同町と結んだ災害時相互応援協定は、合併後、大仙市に引き継がれた。

 締結式は21日に大仙市で実施。遠藤三紀夫座間市長と栗林次美大仙市長が調印書にサインを交わし、産業・文化・スポーツなど多分野で持続的な交流を行うことを確認した。

大凧祭で特別企画

 市民レベルの交流はこれまで、自治会組織や中・高校生に留まってきた。遠藤市長が式典で「市民同士の幅広い交流を目指していく」と表明したように、今後は市民同士が親睦を深めることが期待される。

 5月4日の「座間市大凧まつり」では締結を記念し、色の付いた煙を駆使して模様を描き出す「昼花火」の打ち上げが計画されている。また、座間市がさきごろ初参加を表明した、地方自治体が住民参加率を競い合う「住民総参加型スポーツイベント・チャレンジデー」の対戦相手に大仙市が決定した。開催日は5月27日。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク