座間版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

整備・運営事業者が決定 県央3市の新ごみ処理施設

社会

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
事業者が提案する新施設のイメージ図
事業者が提案する新施設のイメージ図

 座間・海老名・綾瀬の3市で構成する高座清掃施設組合(組合長・内野優海老名市長/海老名市本郷)が3月30日、「再整備」を進めてきたごみ処理施設について、整備・運営事業者が三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)に決定したと発表した。

 施設では現在、1984年に完成した150トン炉と、92年に竣工した200トン炉の2基で可燃ごみを処理している。一般的に炉の耐用年数は30年程度とされており、2012年から施設整備検討委員会が立ち上がり進められてきた。

 組合によると、事業者の選定には総合評価一般競争入札の方法がとられ、3社が参加した。同社のプレゼンは、発電効率や二酸化炭素排出量の削減によって、循環型社会形成推進と温室効果ガスの削減に対する見込みが高いこと、また地域コミュニティや防災拠点としても機能を備えている点などが評価された。

 新ごみ処理施設は2019年に完成し、同社が20年間の運営にあたる。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク