座間版 掲載号:2015年8月7日号 エリアトップへ

厚木保健福祉事務所管内 手足口病が猛威 3週連続の基準値超え

社会

掲載号:2015年8月7日号

  • LINE
  • hatena
「手足口病」報告数の推移(定点当たり)
「手足口病」報告数の推移(定点当たり)

 急性ウイルス感染症の「手足口病」が県内各地で流行している。座間市を管轄する厚木保健福祉事務所管内では、小児科定点医療機関の患者報告数の平均値が3週連続で流行警報発令基準値(5・0人)を越えた。同事務所は注意を呼びかけている。(8月4日起稿)

 手足口病は、3日から5日の潜伏期をおいて手や足、口腔内に水泡性発疹が現れる急性ウイルス感染症。咳やくしゃみのほか、排出物内のウイルスが手を介し、口や目に触れることでうつるケースもある。ウイルスを抑える効果的治療法やワクチンはなく、1週間から10日で自然に治る。国立感染症研究所によると、4歳くらいまでの幼児を中心に、夏季をピークに流行がみられるという。

やや減少も注意必要

 厚木管内(座間市・厚木市・海老名市・愛川町・清川村)では、第28週(7月6〜12日)に警報レベルの7・73人となり、第29週(7月13〜19日)には14・64人と基準値を大きく上回った。第30週(7月20日〜26日)に入ると12・90人とやや減少しているが、依然として警報レベルに留まっている。

「りんご病」も警報レベルに

 また、頬が赤くなり手足を中心に赤い発疹が出る伝染性紅斑(通称・りんご病)も第28週から増加。第29週に一度減少したが、第30週に定点あたりの報告数平均が3・0となり警報レベル(2・0以上)となった。

 同事務所保健予防係(【電話】046・224・1111代)はHPで「毎日の手洗いを大切にして、くしゃみなどの症状がある人はマスク等による咳エチケットを」と感染症の予防を呼びかけている。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク