座間版 掲載号:2015年8月7日号 エリアトップへ

市民主導の避難所運営とは 訓練に60人

社会

掲載号:2015年8月7日号

  • LINE
  • hatena
説明を聞く参加者
説明を聞く参加者

 災害時の避難所の開設・運営方法について理解を深める訓練が、7月25日に県立相模向陽館高校で開かれ、ひばりが丘の自治会員など約60人が集まった。

 訓練は、座間市と市民団体「ざま災害ボランティアネットワーク」(濱田政宏代表)の協働事業。大規模災害が起きた時に、住民が避難所をスムーズに運営できるように、2014年度から3年に渡り市民参加型訓練を各所で行っている。

 濱田代表は訓練で「避難所は地獄」とし、食糧確保やプライバシー保護の面で、厳しい生活を強いられると強調した。同地区に住む波形昭二さん(68)は「運営の難しさ、そして避難所を利用しないための『減災』の重要性を再認識しました」と振り返った。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク