座間版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

成光学園 (緑ケ丘) 32年ぶりに県頂点 児童福祉施設の野球大会で

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 県内の児童福祉施設が競う野球大会で、緑ケ丘の児童養護施設「成光学園」(矢部雅文園長)が、32年ぶり5度目の優勝を果たした。

 小中学生が参加する大会。55回目の今年は8月3日から5日まで横須賀市で行われ、14チームがトーナメントで争った。

 同学園は、小学生5人・中学生9人の混合編成。それぞれの学校で野球部(チーム)に入っているのは5人で、残りは未経験者。練習は守備に重点を置き、「守備から攻撃につなげる戦い」(松田真咲主将・中3)で、頂点を狙った。

 1回戦から準決勝の3試合は、35得点3失点と圧勝。エース・檜山雄一投手(中2)は持ち前の制球力を発揮し、2試合を完封した。

 決勝の相手は、強豪・県立おおいそ学園。試合は初回に先制点を許し、追いつき引き離れる展開となった。逆転に成功したのは4回表。相手の投手が交代したところを打ち崩し、4点を奪った。1点リードで迎えた最終回は2アウト2塁とピンチに陥るも、最後の打者をサードゴロで打ち取り、5対4で勝利した。

 「32年ぶりに優勝できで本当に嬉しいです」と喜ぶ松田主将。職員で監督を務めた檜垣誠さんは「子どもたちは劣勢に負けず、気持ちを切り替えることが出来ていました。精神面の成長が目立っていました」と教え子を称えた。

 MVPには、4試合の内2試合を完封し、与えたフォアボールが1つだった檜山投手が選出。松田主将もホームラン賞を獲得した。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク