座間版 掲載号:2015年9月4日号 エリアトップへ

座間警察署タクシー会社 減災に向けタッグ 情報提供の協定結ぶ

社会

掲載号:2015年9月4日号

  • LINE
  • hatena
協定を結んだ倉持署長(中央)、加藤代表(右)、小幡所長
協定を結んだ倉持署長(中央)、加藤代表(右)、小幡所長

 大規模災害が起きた時に被害状況をいち早く把握しようと、座間警察署(倉持英彰署長)がこのほど、タクシー会社2社と情報提供に関する協定書を締結した。24時間市内を動き回り、地元の地理にも精通するタクシー乗務員の「情報収集力」を活用して、減災に繋げる狙い。

 「防災の日」にあたる今月1日、警察署で締結式が行われた。協定を結んだのは、同署管内を中心に営業している(有)座間交通(入谷/加藤真一代表取締役)と、相模中央交通(株)座間営業所(相模が丘/小幡正則所長)。大地震や豪雨が発生した際に、運転手が見聞きした人的被害、建物の倒壊、道路の被害状況などを同署に提供する仕組み。連絡は110番通報などを通じて行うものの、将来的には災害時でも安定的に通信できる無線機も検討しているという。

被害の正確な把握へ

 タクシー会社は24時間稼働しているため、特に夜間や休日に災害が起きた時の情報収集が期待される。

 倉持署長は「被害状況の正確な把握は大きな課題です。この協定を活かせれば」とコメント。加藤代表は「市民の安全と安心の役に立てれば嬉しい。情報を速やかに伝達して、被害を最小限に食い止めたい」とし、小幡所長は「災害時はもちろん、交通事故や事件も含めて地域に貢献したい」と話していた。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク