座間版 掲載号:2015年9月25日号
  • LINE
  • はてぶ

利用率22%に 試行導入中の選択式給食

教育

 座間市が市内2校で試行導入中の中学校選択式給食について、今月15日に予約が締め切られた11月分の利用率が22%(18日時点)になったことが分かった。導入時点から8ポイントの下落。

 選択式給食は生徒や保護者が1食ずつ注文可能なデリバリー方式。栄養士が考案した献立が事前に発表され、献立を元に利用者が注文。利用しない日は家庭弁当などを持参する。

 相模原市と海老名市ではすでに選択式の給食が導入されており、利用率はそれぞれ約44%と約30%(2014年度実績)。座間市では将来的に4割の利用を目指し、導入開始時点で約3割の利用を受けていた。

 しかし、開始3日目には、給食への異物混入が確認された。野菜の納入業者らの見落としによるもので、市はキャンセル受付や、保護者への謝罪など対応に追われた。周辺からは、給食利用率低下に繋がるのではといった声があがっていた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お待ちかねの公演、今年も

軍楽隊Xmasコンサート

お待ちかねの公演、今年も

国際交流の懸け橋に

12月14日~12月15日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月26日号

お問い合わせ

外部リンク