座間版 掲載号:2016年1月1日号
  • LINE
  • hatena

酒販組合 「ひまわり焼酎味わって」 入荷式でPR

社会

入荷式に参加した組合員ら
入荷式に参加した組合員ら
 酒屋が加盟する「県央小売酒販組合座間支部」(植木富士雄支部長)が先月19日、地場産品「ひまわり焼酎」の入荷式を市役所ふれあい広場で執り行った。

 ひまわりの種を原材料とする同商品は、独自ブランドを生み出そうと、組合が15年前に開発した。今年は8月のひまわりまつり(座間会場)終了後、同地区の種を採取。種は福岡県の蔵元・目野酒造(株)に送られ、約2カ月の製造期間を経て、焼酎として里帰りした。

 発売開始に合わせて企画されている入荷式は、商品を市民にアピールする狙い。目野酒蔵から届いた約1200本の焼酎は、組合員のトラックへと運び込まれた。植木支部長は「胸を張って『オススメ』と言える商品。ぜひ多くの人に味わってほしい」と話している。

 商品は、組合加盟19店舗で発売中。価格は720ミリリットルが1230円(税込)、180ミリリットルが330円(税込)。問い合わせは酒のウエキ【電話】046・254・7200(4日以降)。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

居住支援へ連携構築

居住支援へ連携構築

地域で向き合う研修会

12月14日~12月14日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク