座間版 掲載号:2016年1月29日号
  • LINE
  • hatena

2月14日に開かれる「市町村対抗かながわ駅伝大会」の座間市チームキャプテンを務める 野村 雄一さん 緑ケ丘在住 22歳

10年の思い、走りに込めて

 ○…夢中で走り続けた10年間だった。中学から陸上第一に生きてきたが、1月初旬に大学での寮生活を終えて、ついに引退。4月からは持ち前の人当たりの良さを生かし、商社マンとして新たな第一歩を踏み出す。いわば、陸上生活10年間の集大成とも言えるかながわ駅伝では、座間の名を背負って10Kmを走る。「中学生もいるチームのキャプテンだから。しっかりとバトンを受けて、後輩たちにいいところを見せたい」と明るく意気込みを語る。

 ○…幼少から走ることが好きだったが、体力がない上に喘息の持病があり、中々思い通りにはならなかった。座間中では陸上部に入部し、恩師の「やってみろ」の一言で長距離ランナーに。初めは部内最下位でスタートしたが、人一倍の練習量で体力不足を克服。2年生になるころにはエースとして活躍した。「喘息は出なくなったけれど、今度はすぐに筋肉が付いてしまって」。必要以上に体重を増やすとスピードが落ちるため、食事にも気を配るストイックな日々を送った。

 ○…元・箱根ランナーの恩師の影響で、いつしか照準は箱根路に定められた。歓声が渦巻き、毎年ドラマが生まれる217・1Kmの世界に憧れ、帝京大学に進学。寮生活が始まった。「こんなに練習するのか、とはじめは驚きました」。雨の日も雪の日も、あられが降っても練習は欠かさず、昨年ついに念願を果たした。今年は直前のメンバー変更に泣かされ出場を逃したが、座間に戻った現在も練習は毎日欠かしていない。

 ○…「陸上漬け」の青春時代を終えた今、挑戦してみたいことはいくらでもある。「就職までの間に、とにかく遊んでおきたい」。そう口では言ったもののトレーニングは止められず、同級生たちとの旅行にも行かずに走り込んでしまったほどだ。「2月の駅伝は自分の引退試合。個人の記録も大切だけれど、それよりもチームの結果にこだわって、最後に華を添えたい」

座間版の人物風土記最新6件

吉田 勝雄さん

座間市老人クラブ連合会副会長(文化部)として開催中の寿大学を準備した

吉田 勝雄さん

11月16日号

佐野 友洋さん

11月1日から3日まで「建学祭」を開催する東海大学湘南学生会の会長を務める

佐野 友洋さん

11月2日号

上沢 本尚さん

座間市議会議長に選出された

上沢 本尚さん

10月26日号

長谷山 正範さん

座間市食品衛生協会の会長として、食の安全を守る

長谷山 正範さん

10月19日号

吉田 良子さん

カフェきづき(座間市緑ケ丘5-6-28)で10月末までパッチワーク展を開催している

吉田 良子さん

10月12日号

山田 眞由さん

初代ひまわり王女として、座間市の魅力発信に努める

山田 眞由さん

10月5日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

居住支援へ連携構築

居住支援へ連携構築

地域で向き合う研修会

12月14日~12月14日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク