座間版 掲載号:2016年1月29日号
  • LINE
  • hatena

寒さに負けない芽に育て パン職人らが「麦踏み」

経済

まだ若い麦の芽を、一歩一歩踏んで歩いた
まだ若い麦の芽を、一歩一歩踏んで歩いた
 麦の芽を足で踏み、根張を良くするために行われる早春の風物詩「麦踏み」が1月24日に市内相武台の畑で行われた。

 「ざま風の農園」の畑に、同園の加藤隆夫代表をはじめ、小麦粉を仕入れているパン工房のスタッフや同店の利用客も集まり、30分ほど作業を行った。

 市内産小麦を100%使ったパン作りをめざして始められた麦作は今年で4年目を迎えた。

 麦踏みに参加したパン工房ふくふくの三竹店長は「毎年やっているので、少しずつ作業に慣れてきました。夏ごろの商品化を目指してやっていきたい」と話していた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

居住支援へ連携構築

居住支援へ連携構築

地域で向き合う研修会

12月14日~12月14日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク