座間版 掲載号:2016年1月29日号
  • LINE
  • hatena

節分そばで開運を祈願 組合の企画、今年も

社会

座間神社で祈祷を受けた
座間神社で祈祷を受けた
 「市蕎麦商組合」(瀬川清光組合長)の会員らが1月15日に座間神社を訪れ、期間限定で販売する「七福節分そば」のそば粉の祈祷を受けた。

 七福節分そばは、2012年から毎年行われている企画。会員によると、江戸時代に縁起物とされる年越しそばを、2月3日に食べる風習があったという。

 組合ではこの風習を参考に、同商品を企画。曲がった腰や長い髭が老人を連想させることから「長寿の象徴」とされる海老、「先を見通せる」という意味を込めたハスなどを材料に開発した。似たような品を取り扱う店舗はあるが、組合として取り組んでいる例は少ないという。

 2月1日(月)から3日(水)まで17店舗で販売。価格は800円(税込)。組合員の畔上秀雄さんは「皆さんの幸せを願いながら祈とうを受けました。ぜひ味わって」と呼びかけている。 

座間版のローカルニュース最新6件

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月13日~1月13日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク